不眠症の原因について

一言で不眠症といっても睡眠障害や入眠障害などと言われ、症状や原因は様々です。
基本的には普通神経症の代表的な症状だと言われています。

そして、不眠症の原因によって対策も変わってくるというのが有名です。
例えば神経症が原因になっている不眠症の場合は睡眠薬など薬に頼った治療をすると
根本的な治療にはならず逆に症状を悪化させてしまうことになります。

反対にうつ病や他の病気からくる不眠症の場合は睡眠薬が効果的なこともあります。
神経症からくる不眠症というのは寝ようと思っているのになかなか眠りに付けずに
それが毎日のように続き、「今日もまた眠れないんじゃないか?」というような
不安がストレスになったりしているものです。
夜眠れない 昼眠い

この「今日もまた眠れないんじゃないか?」というのは予期不安という症状で
神経症が原因による不眠症の代表的な例となっています。

基本的にうつ病や他の病気が原因となっている不眠症なのか、神経症による不眠なのかを
見分けるポイントになるのはこの予期不安があるかないかだと言われています。

現在では不眠症の治療というと睡眠薬や精神安定剤が使われることが多くなっています。
確かに即効性のある方法で眠りに付けるようになるかもしれませんが、薬が手放せなく
なってしまったりという副作用があることも事実です。

かといって症状によっては睡眠薬が有効な場合もあります。
それを見極めるためにはまず不眠症の原因を追究する必要があるでしょう。

基本的にうつ病の原因は3つに分けられていて、うつ病やその他の病気によるもの、
今服用している薬の副作用によるもの、神経症からくる不眠症となります。

不眠症の原因について